PENTAX K-1デビューヽ(≧∀≦)ノ祝!フルサイズ!!-PENTAX K-7からの思い出話-

ペンタ党として、Pentaxianとして、カメラを趣味としてこんなに続けるとは最初カメラを購入するときには考えもしていなかった。

私が最初にカメラを買ったのは2009年の夏。
大学のサークル活動の一環で夏休みに秋田県能代市に
一週間程出かける予定があって、そのときに一眼を持って行きたいと思ったからだ。
 -当時の撮影した能代市の夕日-
IMGP0131.jpg

その時購入検討で比較したのはCANON 50DNIKON D5000PENTAX K-7
それといくつかのマイクロフォーサイズだった。
マイクロフォーサイズは連写や動体や夜景の撮影に素人でも分かるくらいに
不向き極まりなかったので、早い段階で購入候補からは消えた。

当時は撮影素子の性能やらAFの速度やオートWBの性能などは知るよしがなかったので、
店頭で分かる使用感とカタログスペックだけで購入した気もするが、
PENTAX K-7を購入するに至った理由は次の2つだったと思う。

①価格
本体価格は三社共に大きな違いはなかったと思う。
しかし、手ぶれ補正の機能を有するようにレンズを買うと
レンズ内手ぶれ補正ではなく、本体内手ぶれ補正を有するPENTAXが格安だった。

②操作系
他社の器材を使い倒したわけではないが当時店頭で使ってみて感じたことは、
次のようなことだった。
基本操作が右手だけで出来る。
また、ボタンの長押しでダイヤルセレクトなどが無くて直感で扱いやすかった。
そして、液晶がモノクロではなく視認性が良かった。
言葉じゃ説明しにくいのでK-7とD5000の背面画像を載せる。
view_01.jpg
pic_002.jpg


そして、PENTAX K-7を購入して、
大学を卒業して社会人になって冬のボーナスを貰うまでの三年間以上愛用し続けたのであった。
PENTAX K-1デビューヽ(≧∀≦)ノ祝!フルサイズ!! | Home | ワンダーフェスティバル 2016 Winter @幕張メッセ その②

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する